EC担当者になる前に確認!ECサイトに関連の5つのサービスとは?

EC担当者になる前に確認!ECサイトに関連の5つのサービスとは?

「ECサイトを作りたいけど、どんな業者がいるのかな?」
「ECにはどんなサービスがあるのだろうか?」

ECというと馴染みのない方には、ピンと来ないかもしれませんが、Amazonや楽天もECですし、WEBで買い物をするシステムのことをEC(イーコマースの略)と言います。そしてECには関連するサービスが多数存在します。代表的なサービスをカテゴリーにすると下記の5つのサービスがあります。

①ECサイト構築サービス
②ショッピングモールへの出店・出品サービス
③ECの売上を高めるサービス
④ECサイトに決済を提供するサービス
⑤ECの倉庫やコールセンターを代行するサービス

本日はインターファクトリーで、シニアアドバイザーを担当している筆者が、5つのECに関連するサービスについて詳しく解説いたします。

①ECサイト構築サービスは無料のサービスから数千万円~まで

スマートフォンの普及により、インターネットが当たり前の世の中になりました。そういった背景からスーパーやアパレルなどの実店舗事業では「うちもネットで商品を販売したい!」と考える企業は多く、そういった場合には、まずECサイト構築サービスを探すことになります。

「ECサイトを作るのは、お金がかかり大変そうだ~」と思われるかもしれません。今から10年前以上はその通りでした。

しかし、今では無料で誰でも、たった30分でECサイトを作れるECサイトのASPサービスから、数千万をかけて、企業の基幹システムと連携した本格的ECサイトの構築まで、需要に合わせて、あらゆるサービスが存在します。

ECサイトについて何もわからない!という方も、下記5つのECサイト構築サービスがあることを覚えておきましょう。

(1)ASP-EC
一番カンタンにECサイトを作ることができるサービス。無料のサービスなら商品登録と、ECサイトのデザインを選ぶだけでECサイトをスタートできますし、月間1万円程度の費用で本格的なECサイトを作ることもできます。

(2)オープンソース
ライセンス無料で提供されているECシステムです。開発が得意な方なら個人でもECサイトを作ることができます。

(3)ECパッケージ
中・大規模のECサイトを作るときは、この手法が主流です。カスタマイズやシステム連携を行うECサイトが前提となります。

(4)クラウドEC
中・大規模のECサイトを作る時のECプラットフォームでカスタマイズやシステム連携可能で、パッケージとの違いはシステムが古くならないので、一度導入すれば、二度とリニューアルが存在しません。

(5)フルスクラッチ
昔からあるECサイトを作る手法で、ゼロからECサイトを作ります。なんでも実現できますが、コストと開発期間がかかります。

どのシステムを使うかは、ECサイトの年商で使うサービスが変わってきます。年商1億円未満なら、ASP-EC。中・大規模のECサイトならECパッケージかクラウドEC。年商が50億円を超える大規模ECサイトの場合は、フルスクラッチも検討する目安となります。

このように、ECサイト構築は、予算や規模に合わせて、各サービスがございます。

②楽天市場やAmazonで商品を売る!モールへの出店・出品サービス

ECは自分でネットショップを作って商品を販売するサービスもありますが、楽天市場やAmazonに出店・出品をする形でEC事業を行うことができます。このようなサービスをショッピングモールを略して「モール」と呼ばれます。

モールへの出店の最大のメリットは大きな集客力です。最初から集客できているモールで自社の商品を販売するので、売上を上げやすいのです。しかし、デメリットは、出店料や決済手数料、システム利用料などの月額コストがかかることと、競合が同じ商品を出店している場合は、価格競争に陥りやすい点です。

売上をあげている企業は、モールと自前のECサイトの両方を展開しているケースもありますし、モールを卒業して、ECサイトを構築する場合もありますが、ECサイトのポイントは集客です。はじめから集客力のある”モール”は、ブランド力が乏しい企業には有力なサービスです。

モールには2種類あり、それが出店方式と出品方式です。

◆ショッピングモールの種類

(1)出店方式
楽天市場がこの形です。モール(楽天市場など)の中にあなたのお店を構えます。楽天の仕組みの中ですが、デザインやバナーである程度お店をアピール・ブランディングすることができます。

(2)出店方式
Amazonがこの形、商品をモール(Amazonなど)のなかに出品する形式で、ユーザーからは「Amazonで買った」という認識になり、お店をアピールすることはできません。

③ECサイトの売上をあげるためのサービス

ECサイトの売上をあげるためのサービスは様々なものがありますが、ここではわかりやすく「集客」「接客」「追客」という軸で、解説します。

(1)集客サービス

ECサイトで最も難しいのは集客です。なぜならブランド力がないECサイトは人々がECサイト名や商品を検索してくれません。そこでECサイトにアクセスを集めるために広告を打ちます。ECサイトで効果が高い広告には以下の3つがあります。

・リスティング広告・・GoogleやYahooの検索結果の上部に出てくる広告

・ショッピング広告・・Googleの検索結果上部に出てくる商品写真付の広告

・リマーケティング広告・・一度自社サイトに訪れたユーザーに対してのみ、他のメディア上でバナー広告を出す

◆メディアやブログのバナーに表示される

※リマーケティング広告はディスプレイ広告の一種

これらの広告は、WEB広告の中で最も効果が高いものの、ECサイトで販売される商品は1万円以内のものが多く、広告コストをかけられないケースが多く、こういった広告を使うECサイトは大手か、あるいは高額商品のECサイトに限られます。

(2)接客サービス

ECサイトに訪問してくれたユーザーに、WEBクーポン券を表示したり、チャットボックスを表示して、ユーザーにアクションを促します。例えば以下のようなツールです。

・WEB接客ツール

画像引用:WEB接客ツール「ゼンクラーク公式ホームページより」

・チャットボックス

画像引用:ZOZOTOWN

接客ツールの導入は、一見難しそうですが、実はタグを挿入して、管理画面でバナーをアップロードし、文言を作成する程度で、カンタンな作業で導入することができます。

(3)追客サービス

ECサイトで購入してくれたユーザーに対して、リピーターになってもらう施策です。以下のような施策があります。

・CRM施策(カスタマーリレーションシップマネジメント)
・アプリ開発

CRMとは、顧客情報を分析し、セグメントに分け、各セグメンテーションごとに有効な施策(メルマガ、DM、アウトバウンドコール)を行い、効果測定しながら、リピーター購入を促す施策です。

アプリ施策は、ECサイトをスマホのアプリ化してしまい、ユーザーにはアプリをダウンロードさせて、アプリからPUSH通知から、リピート促進していく施策です。

④ECサイトの決済代行サービス

ECサイトを作ろうと考えたときに、「どうやってオンラインのユーザーからお金をいただけばいいのかな?」でしょうそういった時にお世話になるのが決済代行サービスです。決済代行サービスは、下記のようなオンラインB決済方法を提供しております。

・クレジットカード決済
・コンビニ決済や後払い決済
・Amazon Payや楽天ペイなどのID決済

ECサイトと決済代行サービスは切っても切れない関係で、無料のECサイトを立ち上げた場合でも、必ず決済サービスがセットになっております。

⑤ECサイトの倉庫やコールセンターの代行サービス

ECサイトでは注文から発送、アフターサービスまでいかの体制が必要になります。ECでの作業はフロント作業とバックエンド作業の2つに分けられます。

◆ECサイトの作業工程一覧

①宣伝・商品企画(フロント作業)
②ECサイト改善・管理(フロント作業)
③受発注処置(バックエンド作業)
④ピッキング(バックエンド作業)
⑤梱包作業(バックエンド作業)
⑥発送(バックエンド作業)
⑦アフターフォロー(バックエンド作業)

実はECの作業工程の多くはバックエンド作業と呼ばれるもので、ユーザーから注文が入ると多くの作業が発生します。

小規模ECサイトでは、これらを一人で担当する企業も多いのですが、大量の注文が発生するECサイトの場合は、とても一人では注文をさばけません。さらに発送ミスが発生すると、お客様対応に大変な時間をとられることになります。

作業の効率化をするには、アウトソーシングを利用します。倉庫のアウトソーシングはただ単に倉庫を借りるだけではなく、入庫から写真撮影、受発注から発送まで、バックエンド作業を全て担ってくれます。このサービスを使うためには、ECサイトと倉庫のシステムが連携されている必要があります。

このサービスを利用することで、企業のEC担当は、フロント作業に専念することができます。また、ユーザーから問い合わせの多い業界の場合は、コールセンターの代行サービスを利用して、効率的にEC業務を行います。ただコールセンターを外部に出すと、どうしてもコールセンターの品質が下がりますので、代行サービスとは長期的に付き合い、コールセンターの要員もノウハウを積み上げていく必要があります。

ECサービスのまとめ

本日はECサイトに関連するサービスを一気に解説しました。EC業界にはどのようなサービスがあるか把握できたと思います。

最後に、ECのサービスで最も困難なのが、売上をあげる集客サービスです。それにはEC特有の問題があります。ECサイトで扱われる商品は1万円以下のものがほとんどです。ここから原価やシステム利用料、人件費を引くと、利益はあまり多くはありません。

そうすると、リスティング広告やGoogleショッピング広告は、安い価格帯の商品に適用することができません。こういった背景から、ECサイトの集客がEC事業者が最も苦戦することなのです。